ミャンマー渡航支援情報センター
Myanmar Travel Information and Support Center
本文へジャンプ
ミャンマー渡航支援情報センター
2016年08月1日より当センターの名称が変更になります。

新名称: 「ミャンマ-渡航支援情報センター」 (2016年08月1日より)
      Myanmar Travel  Information and Support Center (MTIS)


申請要綱、その他変更につきましては都度広報してまいります。

お知らせ
2016年3月より申請に必要な書類に変更があります。詳細は各ビザページをご確認下さい。
各種ビザ申請の申請書が新しくなりました。古い申請書は使えませんのでご注意下さい。
 各ビザのページにある「申請書」をクリックして下さい。
 =ビザ料金改定について=

●2016年2月よりマルチプルビザの料金が変更となりました。
マルチプルビザ(6カ月・1年共) ¥28000(査証代込) 
6カ月マルチプルビザの料金は1年マルチプルビザと同額です。

=ビサ申請について=
ビサの申請書は出来るだけパソコンで作成して下さい。

各ビサのページにある申請書をクリックすると、ダウンロードができ、そのまま打ち込めます。
打ち込んだものを印刷し、署名はパスポートと同じものを自筆して下さい。
サインは申請書右下の Signature of Applicantの文言の真上 にお願いします。

★観光ビザを申請の方へお願い       3/10付で申請要綱が変更になっております。
詳しくは観光ビザのページをご確認下さい。
・日程表については計画している旅行日程を申請書に記載して下さい。(日付・訪問都市名など)
また観光目的であることを明記して下さい。
・航空券(チケットコピー)を添付して下さい。
・尚大使館事情等により発給が遅れる場合もありますので、お早目に申請をお願いします。
・日本に在住する外国籍の方は必ず日本の在留カードのコピー(裏・表)を添付して下さい。
・未成年の方(高校生以下)が単独で渡航するためにミャンマービザを申請する場合、
保護者の同意書がとなる場合があります。

★ビジネスビザを申請の方へお願い
2016年3月より申請要綱が変更になっております。必ずビジネスビザのページをご確認下さい。
現地からのINVITATION LETTER には必ず現地での行動に責任を持つ旨の文言を記載して下さい。
記載がない場合、記載がない場合、受理されないことがありますので、ご注意ください。
 ⇒ ビジネスビザ申請要綱にある、INVITATION LETTER のサンプルをご参照ください。
ビジネスビザの渡航目的は具体的に記載して下さい。 Business Meeting のみでは不可となりますので
ご注意ください。
現地会社のライセンスコピー、現地会社の納税証明書が必要です。詳しくはビジネスビザのページを
ご確認ください。 
【重要】

=証明写真について= 

9月1日申請分より、バイオメトリックス方式採用に伴い、ビザ申請に必要な証明写真の
背景の色は白色のみです。従いまして申請時に他の背景色の写真をお持ちいただいた場合、
撮り直しとなりますので、ご注意下さい。
 
*写真についてはこちらを参考にして下さい

【アライバルビサ(ビジネス)取得について】  
*ビジネスビサ・入国ビサがヤンゴン空港で取得できます! 詳しくはこちら
 2012年6月1日より開始です。

尚、観光ビサは従来通り、事前取得が必要です。

詳しくは募集要項・各ビザのページをご覧下さい。

査証書類の
     ダウンロード
申請受付・受領時間 申請方法・料金
各種ビザのページから申請書を
ダウンロードできます。
申請:09:30〜12:00
受領:14:00〜15:00
土・日・祝祭日 休み
午後申請は緊急を要するの方のみお受けします。必ず事前に連絡をお願いします。都合によりご希望に添えない場合もありますので、ご了承下さい
査証申請要綱、各種ビザのページをご覧ください。


語学講座 各種セミナー・イベント 資料コーナー
ミャンマー語講座を開講しています。
途中からの参加もできます。
ビジネスセミナーの日程をUPしました。お気軽にご参加下さい。
ミャンマーに関する書籍、資料を展示・閲覧をしております。
一部コピーサービスもあります。
閲覧のみも可能です。

ビザを申請される方は「お知らせ」をお読みください。

お問い合せ: westjp@mmrvisacentre.sakura.ne.jp